が国の食糧自給率の低さは、動かしがたい事実。いまや日本の家庭の食卓は、世界中の農場や漁場に支えられているといえるでしょう。さらに近年は生鮮食料品以外の冷凍・冷蔵加工食品の分野でも、大きく輸入が増加。昭和冷蔵は、世界中から送られてくるさまざま食料品を、品質を保ちながら保管するだけでなく、消費市場へ向けて必要な加工を施し、それらを効率的に流通チャネルに乗せる受発注管理など、世界の生産地と食卓を結ぶ幅広い業務を提供しています。