ロジスティックス】 logistics
一連の企業活動のうち、物流、仕入れから販売に至る物の流れの管理活動をいう。本来は軍事用語で補給、兵站(へいたん)学のこと。

サードパーティロジスティクス<3PL>】 third party logistics
顧客から、運送業務のみを請け負うだけでなく、<調達><在庫管理><棚卸し>から<配送>にいたる顧客の全物流業務を包括的に請け負い、物流システムを企業の経営戦略上最適になるように設計し、かつその物流業務を自社あるいは他社の物流設備を利用して実際に遂行する事業のこと。

デジタル・ピッキング】 digital picking system
ピッキング(picking)とは、摘み取りのこと。物流業では仕分け作業を指す。デジタル・ピッキングは、商品の単品バラ保管棚にコンピュータの指示によって仕分けのために拾い出す商品とその数量をデジタル表示するもの。ピッカー(仕分け作業員)は表示された商品を拾い、コンベヤー上のピッキング・コンテナに入れていく。コンピュータによる情報システムと連動しているため即時性が高く、オーダーリストを持つ必要がなく両手を使って作業ができるため作業能率が高いというメリットがある。

サプライチェーンマネジメント<SCM>】 supply chain management
生産資材調達から商品供給に至る、顧客に製品を届ける全プロセス(=サプライチェーン)を、最適に統合管理する経営手法のこと。サプライチェーンの企業内、企業間の連携により、顧客満足(短納期、無欠品など)とプロセスの無駄(在庫やオペレーションコスト)の削減を同時に達成し収益性を向上させることを目的とする。具体的には、日常の企業活動の中で発生する「何を、いつ、どこで、どれだけ、作るか、買うか、出荷するか」といった資材調達計画、生産計画、出荷計画、販売計画を、販売状況などデータの的確な分析の裏付けに基づいて作成することが求められる。

ジャスト・イン・タイム<JIT>】 just-in-time
今では世界的に知られるようになったトヨタ自動車の有名な生産管理の方式である<カンバン方式>の英語での慣用表現。必要な時に、必要な部品が工程に届くところからこの名前が名付けられたもので、<サプライチェーンマネジメント>の原型ともいえる。